水素水、ネットで調べてもどれがいいのかよくわからないの巻

March 3, 2016 日田天領水 水素水あれこれ

ちょっとした副収入があり、差し迫った出費の予定もなかったので、

これを機に「普段だったら買わない自分にとって意外性のあるもの」を

購入してみようかと思った。

普段なにげなく生活していると、もうこの歳だからというのもあるけど、

購入する品物やブランドも決まっていて買い物もその範囲で済んでしまうので

端的に面白みがないというのもあるし、視野が狭まってしまうような気もする。

頭の切り替えの練習も兼ねて、未知の分野のものを買ってみたいなというねらいがある。

それでなんとなく水素水って、どうなんだろうな…と思っていて。身近な評判では

「またよくあるインチキじゃないか」とか「ほしのあきがブログに唐突にのせてた」とか、

けっして好意的とはいえないのだけど、1人か2人くらい、愛用してるというのも

聞いていて、その愛用している人も感じの良い人たちなので

―それぞれ中学校の英語の先生と生け花教室の先生をやってたと思う―、

完全なマガイものでもなさそうだと。

しかしね…ネット検索しても水素水について、まともそうなページがすぐでてこない!

まともそうなというのは、信頼できそうなメーカーの販売ページ・商品紹介ページとかに

すぐに行き着かないということ。

わりとすぐ出てくるのは水素水の効用をうたった広告のサイト?説明のあとに、

これがおすすめだよというメーカーの水素水へのリンクが貼ってはるという感じの。

マーカー強調が多用されているいかにも「こういう宣伝ですね」という文面を

おそるおそる読んでみると、いや確かにそうなんでしょうね、という内容のことが書いてある。

しかしその反面、なんとなーくこの雰囲気がね…

今からお金を使っちゃうぞ!という気分にならないんですわ。

頭のどこかで警戒してるのが解かれないカンジというか!

肩書も、理系大学院卒が解説するというのでも書いてあったりするサイトもあるけど、

ノンノンノン、身元不明の「理系大学院卒」なんて肩書はなんの意味もないですよん。

理系の研究者でも自分の専門でないまったく別分野のことは「わからない」と言うのが普通だし。

そっちの方が学問的に誠実な研究者の取る態度ってものですよ。

これが家電だったらね、定評のあるメーカーが決まってるから、

各メーカーの商品ページにいって説明を見ながら自分に必要な機能がついたやつを

選べばいいから、命中率?が高いんだけど。

…でも、「掃除機」で検索するとまず価格.comとかがトップになるね。

こういうまとめサイト・ポータルサイト的なところから見始めるのが普通なのかな…?

私はこういうのはほとんど見ないんだけど…

週刊誌で高評価だったという水素水のメーカーのホームページの文章もなんとなーく、

ウサン臭い気がしないでもないし…

いや、たしかにその中には本当に良い物もあるんでしょうけど…

「絶対に本物の水素水を飲む」という決意を持った人でないと、

良い物に出会うのは難しいんじゃないかな…

この情報の渦の中でそのすべてをジャッジしながら「これだ!」と決定する根性は、

私にはなさそうだよ…

Comments are currently closed.


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/